【危険な食べ物】エナジードリンクって危険なの?



エナジードリンクって危険なの?

エナジードリンク

海外生まれのエナジードリンク。
カラダを使う人や忙しい社会人の間で、栄養ドリンクに変わって、大人気ですね。
でも飲みすぎたら危険だという話もよく耳にします。
実際のところどうなのでしょうか?

え!? エナジードリンクで死亡事故?

エナジードリンクで死亡事故

近年、エナジードリンクの摂取が原因とされる死亡事故が世界中で相次いでいます。

アイルランドで18歳の男性が、バスケットボールの試合中レッドブルを4本飲み、試合中に死亡。

スウェーデンで、アルコールのレッドブル割りを飲んだ2名が、のちに死亡。

2011年12月、アメリカで14歳の少女が720ml入りのモンスターエナジーを短時間で2本飲み、その後死亡。

日本においても、エナジードリンクを頻繁に飲んでいた九州地方の20代男性がカフェイン中毒で死亡という事故が2015年に起きています。

危険なのは「カフェイン」と「砂糖」

砂糖

エナジードリンクには、日本で市販されているもので80〜160mg、多いものだと300mg以上のカフェインが含まれています。

カフェインの含有量は紅茶1杯で約30mg、コーヒー1杯で約40~100mgほどなので、エナジードリンクのカフェインの含有量はとても多いといっていいでしょう。

カフェインは、アメリカ食品医薬品局(FDA)によって、一般的に安全だと認められていますが、カフェインを常用すると依存症になる可能性があります。短期間で1日当たり600ミリグラム以上のカフェインを消費すると、その後に頭痛や疲労感などの禁断症状が生じることがよくあります。
長期的に常用すれば、どのようなことが起こるのかは計り知れません。

また、ほとんどのエナジードリンクには1缶当たり約30gの砂糖が含まれています。砂糖がカラダに悪いわけではありませんが、軽食と同じくらいのカロリーを取り込んでいるのに、重要な栄養素は摂取していないことになりかねず、これはカラダにいいとはいえません。
無糖タイプという選択もありますが、無糖タイプのエナジードリンクには人工甘味料が使用されることになるので、これがまたカラダに悪いです。

エナジードリンクは「正しく、適量に」

エナジードリンクは、即「命に危険な飲み物」というわけではありません。

いずれの事故も、心臓病やアルコール割り、極度の疲労など、背景にはなんらかの原因があり、なおかつ短時間で大量に摂取しています。通常とは異なる飲み方だった、ということです。常用や飲みすぎには注意!ということですね。

添加物だらけの今にうんざりの方へ

活性酸素の原因

添加物が怖いのは、添加物を食べると体の中で活性酸素が発生するから。
残留農薬、紫外線、ストレス、放射能(放射線)も活性酸素を発生させる原因なのです!

どうして、放射能(放射線)が怖いのか、ご存じですか?
それは、高い放射線を浴びてしうと、活性酸素を急激に大量発生させてしまいます。
大量の活性酸素は、細胞を死滅させて、その影響で人は死んでしまいます。
多少、極端ですが、それほど放射能(放射線)=活性酸素は、恐ろしいものなのです!

その活性酸素を体から除去できるものが、「水素水」になります。
水素水は、ただ単に健康や美容に良いというわけではなく、活性酸素を除去してくれるから健康や美容によいというわけなのです。

その水素水も今やサプリメントでとるようになり、とてもお手軽になりました。
飲むタイプの水素水は、持ち歩くのには重くてとても不便でしたが、サプリメントはとても軽くて、気軽に水素水を摂取することができちゃいます!

sw25
まだ、水素水のサプリメントを実感したことがない方は必見。
8424円⇒初回限定 4980円(税抜)で送料無料にてお試しができちゃいます。

日ごろから添加物だらけのコンビニ弁当や外食が多い方、スーパーのキレイ過ぎる農薬たっぷりの野菜を食べている方、外での仕事が多い方、関東・東北エリアで放射能(放射線)の心配がある方には水素水のサプリメントで自分と家族を守りましょう。

活性酸素は目に見えませんが、目に見えた時には「肥満」「高血圧」「糖尿病」、さらには、あらゆる「癌(ガン)」という形です。
本当にとても恐ろしいものなのです。
せっかくなので、この機会に自分の体のこと、家族の体のことを真剣に考えてみてください。



サイトにジャンプしないときはキャンペーン価格が終わっています。
気になる方は、損しないように、キャンペーン価格かどうかでもチェックしてみては!