【LDK】菌活でキレイで健康になる! 【7月号より】



★菌活だからといって、菌をたくさん摂ればいいわけではありません!

腸内細菌には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌があり、

それぞれ2:1:7の割合が理想的なバランスと言われています。

善玉菌…

腸内の食べ物を発酵し、消化吸収を助け、悪玉菌が増えるのを抑えます。

整腸作用もあります。

悪玉菌…

腸内の食べ物を腐らせ、免疫力を弱くします。

有害物質を作ります。

日和見菌…

腸内に善玉菌が多いときは善玉菌に味方し、悪玉菌が多いときは悪玉菌に味方します。

★菌活するとどうなるの?

  • 善玉菌が脂肪吸収を抑えます!
  • 善玉菌が増えると老廃物がなくなり、肌がキレイになります!
  • 菌活で腸内にいる免疫細胞が元気になり、免疫力が高まります!

★菌活ってみんなするべき?

下記の項目に5つ以上当てはまる方は、即菌活を始めましょう!

□便秘ちなりがち
□便通の調子がよくない
□不規則な生活をしている
□外食が多い
□睡眠不足
□乳製品をほとんど摂らない
□野菜や果物をあまり摂らない
□肉食中心
□食事を抜くことがある
□運動不足
□アレルギー体質
□肌が荒れやすい
□口臭や体臭が気になる
□おならが出やすく、臭い
□風邪を引きやすい
□ストレスが多い

★じゃあどんな菌を摂ったらいいの?

乳酸菌は必ず摂りましょう!

腸内の環境を改善できる乳酸菌は、善玉菌の代表であり、お腹の調子を整えます。

免疫力を上げ、脂肪の吸収を抑える効果も。
体内のあらゆる不調の改善に役立ちます。

さらに、乳酸菌のエサになる菌や定着しやすくする菌も一緒に摂るのがおすすめです!

乳酸菌のエサになる菌 … 甘酒などの麹菌や酵母菌
乳酸菌を定着しやすくする菌 … 納豆菌・酢酸菌

★乳酸菌は手軽なヨーグルトを!

味噌やチーズなどにも乳酸菌は含まれていますが、1番手軽に摂れるヨーグルトがおすすめです。

ヨーグルトといってもさまざまな菌のものがあるので、目的別に選びましょう!

◎便秘がちな方には…ビフィズス菌


ビヒダスプレーンヨーグルト(森永乳業)

BifiXヨーグルト(グリコ)

◎風邪を引きやすい方には…R-1乳酸菌やプラズマ乳酸菌

プロビオヨーグルトR-1(明治)


iMUSE生乳ヨーグルト(小岩井乳業)

◎肌が荒れやすい方には…LGG乳酸菌やL-55乳酸菌

プレーンヨーグルト(LGG+ガラクトオリゴ糖)

プレーンヨーグルト(LGG+ガラクトオリゴ糖)

プレーンヨーグルト(LGG+ガラクトオリゴ糖)(タカナシ乳業)

たっぷり生乳ヨーグルト(オハヨー乳業)

◎痩せたい方には…ガセリ菌SP株やカスピ海乳酸菌

ナチュレ 恵 megumi(雪印メグミルク)

カスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルト(フジッコ)

◎口臭が気になる方には…ロイテリ菌

ロイテリヨーグルト

ロイテリヨーグルト

ロイテリヨーグルト(オハヨー乳業)

★ヨーグルトのあれこれ

食べるタイミングは、食後がベスト。
食べる量は、1日100~200グラムが目安。
効果が現れるのは、2週間ほど。

合わなければ別のものを試してみましょう。

菌活で腸内環境を整え、心身ともに健康を目指しましょう!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする