右脳を鍛えて脳の衰えを劣化から守りましょう!



近年のスマートフォンの普及により、私たちは毎日のようにインターネットやSNSを見ています。
情報もスマートフォン片手にすぐ手に入れられるため、生活に不可欠なものとなっています。

依存するあまり、私たちの脳は衰えに繋がっています。
脳の劣化を防ぐため生活習慣を見直してみましょう。

右脳と左脳

右脳

図形・映像・空間の認識、直感やひらめき、全体的な情報処理などの働きをします。

映像を見たり、絵を描いたり、音楽的な活動をしたりするときに動くのが右脳です。

左脳

言語の認識、計算、論理的思考などの働きをします。文字を読んだり、考えたりするのが左脳です。

話す、聞く、考える、覚える、感じる、理解するなどの行動は、それぞれ使われる脳の部分が異なります。

スマートフォンの使いすぎで!

パソコンやスマートフォンに依存してしまう現代人は、左脳ばかりを多く使ってしまう傾向にあるため、

右脳にある「視覚系」「理解系」「記憶系」の3つの部分が使われなくなって脳が衰えてしまうのです。

「視覚系」…目で見た言語以外の情報を集める場所

◇本や新聞ではなく、ネットニュースばかりを読んでいる。
◇人混みでぶつかりやすい。
◇目の前にすでにあるものを探してしまう。

上記のことが当てはまる方は、次のことをやってみましょう。

◎夕日を眺める

スマートフォンばかり見ていると、自然の美しさや景色を眺める機会が減り、右脳が刺激されないので、外出したら意識的に景色を眺めましょう。

◎レストランなどのメニューを写真で選ぶ

メニューを文字ではなく写真を見て決めると、右脳が鍛えられます。

◎頭皮マッサージをする

頭皮マッサージは使われなくなっている脳が刺激されます。「視覚系」の部分は後頭部にあるので、中心に行いましょう。

「理解系」…外部から与えられた言葉や物事などの情報を理解し、役立てる働きをする場所

独り言が多いと言われる。
◇地図を読むのが苦手だ。
すぐにカッとなってしまう

上記のことが当てはまる方は、次のことをやってみましょう。

◎利き手と反対の手で歯を磨く

利き手ではない手を使って歯を磨くと、脳が刺激されます。

◎ラジオを聴きながら家事をする

ラジオで聴こえる内容を理解しながら、掃除や料理を行うことで、同時に2つのことに頭を働かせるとになり、脳が刺激されます。

テレビと違って音だけで情報を理解するのもポイントです。

「記憶系」…言語以外のことを覚え、思い出す場所

◇名前が思い浮かばない知り合いがいる。
◇昨日食べたものが思い出せない。
何度も同じ話をしてしまう

上記のことが当てはまる方は、次のことをやってみましょう。

◎冷蔵庫の中身を記憶する

意外と把握できていない冷蔵庫の中身を、出掛ける前にチェックし、お店で思い出しながら足りないものを買うようにしましょう。

◎カラオケで画面を見ずに歌えるようになる

歌詞画面を見ないで歌えるようになるまで覚えると脳のトレーニングになります。

日常生活に不可欠なスマートフォンですが、使いすぎはとっても危険のようです。

脳の健康のために意識して鍛えてみませんか。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする