【時間がない人向け】梅雨のダニ・カビ・臭いをスルッと消す方法をAnswerしました



2018年7月号の「サンキュ!」掲載の梅雨のダニ・カビ・ニオイをするっと消す方法。

梅雨は1年の中でもとっても憂うつな時期。
ダニ・カビ・ニオイ、気になっても手間がかかるお手入れは正直面倒くさいですよね。
そんな皆さまに、これだけやればOKな時短テクをご紹介します。

この時期1番困るのが洗濯物。
生乾きの嫌なニオイの原因は雑菌です。

室内干しだから仕方ないと思っていませんか?
室内でも工夫すれば解決します。

★換気扇や扇風機で風を当てる

部屋干しする際、室内に風の通り道を作ると、風通しがよくなり早く乾きます。
洗濯が終わったらすぐ干すことも忘れずに。

★洗う前の洗濯物に重曹を入れる

洗濯物に重曹をかけると消臭と除菌ができます。そのまま洗濯機で通常どおり洗剤を入れて回してOK。

★干し方はテクニックを使う。

靴下やハンカチなどは、風が行き渡るように大きいものを内側、小さいものを外側に干します。

タオルなどは、ジグザグにピンチではさんで干し、風が当たる面積を増やします。
デニムやパンツのすそは、筒上に干すことで風を通します。

生乾き菌やカビを防ぐ洗濯洗剤も有効です。

梅雨時期に困る悩み事に、クローゼットや押入れの収納部分のダニやカビもありますね。
大切な洋服や小物が~(涙)と嫌な思いをした方も多いはず!

この機会に不要な衣類を見直すのも大事ですが、なんといっても換気と風通しをよくして湿気を取り除くことが重要です。

梅雨の間はクローゼットや押入れを開けっ放しにして風を通すのがおすすめ。
時間があるときは扇風機で風を当てるのもいいですよ。
さらに、重曹を使って湿気やニオイをとりましょう。
布で重曹を包み、引き出しや衣装ケースに入れておくと除湿・消臭剤代わりになります。
3ヶ月でとりかえてください。
万が一洋服についても、はたけば問題ありませんよ。

重曹は安くて万能なので、常備しておくとおうちのあらゆるところに使えて便利です。

少しの工夫で憂うつな梅雨を乗り切りましょう!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする