【紫外線対策】正しい日焼け止めの選び方



正しい日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶとき、あまりにもたくさんの種類があって、どれを選んだらいいのかわからなくなりませんか?
そして、なんとなく、「SPFの数値が高いのを選んでおけば安心!」と、むやみにSPFの数値が高いものを選んでしまったり…。
SPFが高すぎる日焼け止めは無意味なことも多い上、肌に過大な負担をかけることも。
用途やシーンにあった適切な日焼け止めを使いましょう。

「SPF」や「PA」の意味

日焼け止めを選ぶ際、「SPF」や「PA」を気にして選ぶけど、実は何のことかはっきりはわからないという人も多いはず。

「SPF」は、Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で、紫外線の中でも日焼けや肌に赤みを起こしてしまうUV-Bを防ぐ数値の大きさを示し、1SPFあたり20分間、肌をUV-Bから守ってくれます。

ようするに「PSF」の数値はどのくらいの時間、紫外線にさらされることになるのかで選びます。
例えばSPF25であれば20分×25=500分、つまり8時間20分もの時間、肌をUV-Bから守ってくれます。

「PA」は、Protection grade of UV-Aの略語で、紫外線の中でもUV-Aから肌を守るレベルを表します。
「PA」には、「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階あり、+の数が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高くなっています。

UV-Aは肌を黒くします。また、波長が長く、肌の奥深くまで到達するので、シミやしわの発生に大きく関わっているといわれています。
選び方としては通勤や買い物などなら「PA+」、海など日差しが強い場所での屋外レジャーなどなら「PA++++」と使い分ければいいでしょう。

SPFが高すぎる日焼け止めが肌に負担をかけるのはどうして?

SPF50以上の日焼け止めは、「紫外線吸収剤」という物質によって紫外線を防いでいます。
「紫外線吸収剤」は、紫外線を吸収して化学反応を起こし、熱エネルギーに変えて放出する物質です。
「紫外線吸収剤」を使用した日焼け止めを塗ることにより、皮膚の上で繰り返し化学反応が起こるため、肌に負担をかけるといわれています。

一方でSPF30までの日焼け止めは「紫外線散乱剤」で紫外線を防いでいるものが多いです。「紫外線散乱剤」は、紫外線を物理的に反射・拡散させて跳ね返す物質なので、紫外線吸収剤に比べると肌に与える負担が減ります。
いわゆる「ノンケミカル」な日焼け止めです。

SPF30の日焼け止めでも、20分×30=600分、10時間の間UV-Bを防いでくれるので、肌に負担をかけるというリスクを侵してまでSPF50などのSPF値が高いものを使う必要は余程の場合を除いてはなさそうですね。

SPF50でも「紫外吸収剤不使用」「ノンケミカル」というものも出回っているようです。
長時間、紫外線にさらされる際にはこういった物を選ぶといいでしょう。

日焼け止めの肌への負担が気になるという人は、インナーパラソル16200 for UV

飲む紫外線対策「インナーパラソル16200 for UV」なら肌への負担ゼロで、うっかり塗り損ねて部分的に日焼けなんてこともなし。
有効成分が身体の中から紫外線対策が可能に!飲むタイプなので全身に効果があります。

インナーパラソル16200 for UV の詳細はこちら

インナーパラソル16200 for UVのインナーパラソル16200 for UVの公式通販サイトだけ。

今だけ特別価格で買えます!最安値はどこ?

最も安くで購入できるのは「インナーパラソル16200 for UVの公式通販サイト」のみ!! しかも今なら通常7000円が、初回限定5600円。今だけサプリメントケース付いてきます。
少しでも安くかいたいなら公式通販サイトがおすすめ!

公式ページの通販ボタン

公式サイトはこちらに飛ばない場合、キャンペーンが終了しています。その場合は通常価格となります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする