熱中症対策



梅雨が例年に比べ早く明けたことから、連日猛暑が続いています。

熱中症の疑いで緊急搬送というニュースも多く聞かれます。

自分は大丈夫だと思っていても、いつ熱中症になってしまうかはわかりません。

実際になってしまってからでは遅いですし、知識がなければ熱中症のサインを見落とし、重大な症状につながる可能性もあります。

熱中症ってどんな症状なのか、どのような場合になってしまうのか、なってしまったらどうすればよいか、知っておきましょう。

◎熱中症って?

体温が上がり、体温調節ができなくなったり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることにより起こる、めまい・頭痛・痙攣などのさまざまな症状を総称したものです。

◎どんな場所で起きるのか?

皆さんが考えているような炎天下の中で作業をしているというような場合にだけ起きるわけではありません。

気温が低くても、湿度が高いとなることもあるため、外だけではなく屋内で起きることも多いのです。

屋外の日陰のない場所、運動場、体育館、車内、お風呂場、寝室など、どんな場所でも可能性があるということです。

◎いつ起きるのか?

気温が高いときはもちろんですが、湿度が高いときは汗が蒸発しにくくなるため、熱中症になる危険性があります。

風が弱いときも要注意です。汗をかいても風がなければ蒸発しづらく、体温がなかなか下がらないことから症状が出やすくなります。

◎どんな人がなりやすいの?

高齢者

高齢になるほど体温調節しにくくなるため、熱が体内にこもりやすいです。さらに、暑さを感じる機能も低くなるため、水分を摂らなければならないのに気づきにくいです。

◎子ども

体温を調節する機能がまだ発達していないため、熱がこもりやすく、自分で意識して水分補給することも難しいです。

子どもは大人に比べて地面に近い位置にいるので、地面からの照り返しの影響も受けます。

◎体調不良の方

風邪など体調が悪いときや疲れているときはなりやすいです。

その他、運動不足で汗をかく習慣がない方や二日酔いなどで脱水症状が見られる方も注意です。

◎具体的な症状って?

◆めまい、立ちくらみ

◆腹痛

◆顔のほてり

◆体温が高い

◆筋肉痛や痙攣

◆手足がつる

◆だるさ

◆吐き気

◆汗がまったく出ない

これらの症状が出たら、熱中症にかかっているかもしれません。

さらに、下記の場合は非常に危険な状態ですので、すぐ医療機関で診てもらってください。

◆まっすぐ歩けない

◆水分補給ができない

◆意識がもうろうとする

◎熱中症を予防するには?

★水分補給をこまめに行う

のどが渇いていないから飲まないのではなく、意識してこまめに水分を摂りましょう。

合わせて塩分も適度に摂る必要があります。

★温度だけではなく湿度も気にする

気温が低くても湿度が高いと熱中症になるため、風通しをよくするようにしましょう。

★帽子や日傘、通気性の良い服を身につける

熱がこもらないような素材のものを身につけることで、熱を上手に逃がしましょう。

★暑さを我慢しない

節約だからといって、我慢してエアコンをつけないと、気づかないうちに熱中症を引き起こしかねません。

我慢しないで適度にエアコンも使いましょう。

★就寝時は冷却グッズを活用する

寝苦しいと睡眠の妨げになり、疲れがとれません。疲れが残っていると熱中症にもつながりますので、エアコンだけでなく氷枕などの冷却グッズを活用して環境を整えましょう。

これからさらに暑くなり、猛暑が続くことで熱中症の危険性は高くなります。

誰でもどんなところでも症状が出る可能性はありますので、身近なこととして考え、きちんと対策を知ることが大切です。

また、体調管理や適度な運動を取り入れ、熱中症にかからない体力づくりをしましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。